ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

各色色素

製品概要

植物由来天然色素「リオフレッシュカラー」は、着色料製剤として、食品、化粧品、染色用途に広く使われております。

各色素の特性

赤ビート系赤色色素

赤ビートは、ヨーロッパにおいて、古くから食用野菜として広範囲に用いられている野菜です。赤ビートに含まれる色素は、水溶性のベタニンとバルガキサンチンが主成分となっており、冷菓やゼリーなどにも広く使用されています。
一般的性質として、赤色ビート色素は色相が鮮明で、pHにも安定であるという長所と、耐熱性および耐光性に劣るという短所があり、着色後の加熱や長時間日光に晒される食品には注意が必要です。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
レッドB-25   水溶性の赤紫色粉末 25 耐光・耐熱性改良品 粉末 冷菓(アイスクリーム等)、デザート食品、焼肉タレ等
0.1~0.3%添加
ビートレッドまたはアカビート色素または野菜色素
レッドB-35   水溶性の赤紫色粉末 35 高濃度品 粉末
レッドB-177   水溶性の赤紫色粉末 18 チョコレート練込み分散向上品 粉末 チョコレート
レッドBZ   油性の赤紫色ペースト 20 W/O乳化型、油脂に均一に分散 油性 チョコレート、クリーム等
0.2~0.3%添加

アントシアニン系赤色色素

ストロベリー、エルダーベリー、ブルーベリーなどの果実は、古くからヨーロッパおよび米国において、ワイン、ゼリー、ジャムなどの原料として、また赤キャベツやシソなどの野菜は、サラダ、漬物の原料として食品に用いられており、水溶性のアントシアニン色素が主成分となっています。
一般的性質として、pH4以下の酸性領域で安定した赤~赤紫色ですが、中性で深褐色、アルカリ性で汚緑色に変色し、金属イオンやタンパク質により変色しますので注意が必要です。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
レッドBK   水溶性の赤紫色液体 50 ブドウ果汁、ブルーベリー色素 液体 ジャム、キャンディー、ゼリー(ペクチンゼリー)、漬物等
0.05~0.2%添加
果実色素またはアントシアニン色素
レッドEL   水溶性の赤紫色液体 37 エルダーベリー色素 液体
レッドHR610S   水溶性の赤色液体 63 赤ダイコン色素 液体 野菜色素またはアントシアニン色素
レッドRK80P   水溶性の赤紫色粉末 15 紫キャベツ色素、微粉砕品 粉末 打錠品、錠菓等 野菜色素

モナスカス系赤色色素

モナスカス(紅麹)は、中国・沖縄などで古くから紹興酒・豆腐乳などの醸造食品に用いられており、モナスコルブリン等の色素が主成分となっています。
一般的性質として、耐熱性に優れ、耐光性が若干劣ります。また、pH4以下で等電点沈澱を生じますが、タンパク質への染着性には優れており、ブリードが少ないという特長があります。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
レッドMA   水溶性の深赤色液体 60 赤色、紅麹アルコール抽出 液体 カニ様蒲鉾、ハム・ソーセージ、焼き豚、焼肉タレ、キャンディー、ジャム
0.1~0.3%添加
紅麹色素またはモナスカス色素

モナスカス系黄色色素

蛍光を帯びた鮮明な黄色を呈します。 耐光性はモナスカス系赤色色素同様に劣ります。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
エローMA   水溶性の黄褐色液体 64 鮮明な黄色を呈する 液体 カスタードクリーム、キャンディ等
0.1~0.3%添加
紅麹色素またはモナスカス色素

コチニール系赤色色素

この色素は、Coccus Cacti(エンジ虫)から抽出して得られ、カルミン酸が主成分となっています。
一般的性質として、耐熱性および耐光性には非常に優れていますが、染着性に劣り、酸性で赤橙色、中性で赤色、アルカリ性で赤紫色となり、またタンパク質や金属イオンで変色しますので注意が必要です。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
レッド689   安定剤との混合粉末 13 色素安定化のため変色せず 粉末 清涼飲料、冷菓、水産練製品等 コチニール色素

カロチノイド系黄橙色色素

カロチノイド色素は、ニンジン、オレンジ、トマト、パプリカ(トウガラシ)などの有色野菜やクチナシ果実に含まれています。食品に使用されるカロチノイド色素には、藻類や合成によりつくられるβ-カロチン、パプリカより抽出されるカプサンチン、アナトー(ベニノキ)の種子より抽出されるビキシン、クチナシの果実から抽出されるクロシンがあります。パプリカ、ベニノキはいずれも古くから食用およびバター、チーズの着色に用いられ、β-カロチンはプロビタミンAとして体内でビタミンAに変えられ、クチナシは漬物、栗の着色、酢の物などの着色材料として古くから汎用されています。
一般的性質として、カロチノイド色素はクチナシ色素以外については油溶性のため、水分散性の製品も揃えてあります。耐熱性に優れますが、耐光性は劣る傾向があります。

β-カロチン系色素

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
βカロチン1%CWS   水分散性の黄橙色粉末 25 冷水に容易に分散する特殊型 粉末 水産練製品(蒲鉾等)、冷菓、クリーム、清涼飲料水等 カロチン色素またはカロチノイド色素

パプリカ系色素

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
オレンジRGP   水分散性の赤橙色液体 150 スプレードライ品 粉末 菓子、ゼリー等
0.05~0.2%添加
パプリカ色素
オレンジPL(S)   水分散性の濃橙色液体 350 パプリカ、高濃度品 液体
オレンジ1723   水分散性の赤橙色液体 140 パプリカ 液体
オレンジKP   水分散性の赤橙色液体 80 クチナシ黄色素/パプリカ色素混合
(低pHでの分散性はやや低い)
液体 カロチノイド色素

クチナシ系黄色素

この色素の色相は、中性~アルカリ性域にて安定であり、耐光性および耐熱性は中性付近で良好です。タンパク質や澱粉等への染着性が良好です。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
エローCL-alc   水溶性の黄褐色液体 85 エチルアルコール溶液 液体 デザート、和菓子、栗シロップ漬 クチナシ色素またはカロチノイド色素
エローCL100(M)   水溶性の橙黄色液体 100 エチルアルコール溶液 液体

ベニバナ系黄色素

この色素は、ベニバナの花弁より抽出したカルコン系黄色色素で、同じく花弁から得られる赤色色素は、口紅、薬用、染料として古くから用いられており、また、種子は食用植物油の原料として使われています。
一般的性質として、クチナシ色素やビタミンB2などの黄色と比較して、色相はやや青みを帯び、クエン酸やアスコルビン酸の併用により、耐光性、耐熱性が酸性~中性域において向上します。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
エロー800   水溶性の黄褐色液体 800 鉄イオンにて黒変 液体 清涼飲料水、リキュール、ジャム、キャンディー等 紅花色素またはフラボノイド色素
エローSP200   水溶性の黄褐色粉末 200 高濃度品、色の伸びがある 粉末
エローSP20   水溶性の黄褐色粉末 50 微粉砕品 粉末 打錠品、錠菓等

クチナシ醗酵系青色色素

この色素は、クチナシ果実を原料とし、醸造用麹菌を用いた酵素反応による水溶性色素で、透明な美しい青色を呈しています。クチナシ果実は、カロチノイド系色素のクロシンの原料であり、古くから食品の着色に用いられています。青色色素は単色で食品の着色に用いられることは少なく、グリーン、グレープ、バイオレット、ワイン色などの調色原料として使用されています。
一般的性質として、耐熱性や耐光性に優れますが、pH4以下ではタンパク質等電点沈殿を生じ易い傾向にあります。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
ブルーAMG   水溶性の青色液状品 60 やや赤味で明るい青色 液体 冷菓(アイスクリーム等)、デザート、ガム等
0.05~0.1%添加

打錠品、錠菓等
0.1~0.5%添加
クチナシ色素
ブルーEX   水溶性の明青色液状品 55 耐酸性 液体

クチナシ醗酵系赤色色素

この色素は、クチナシ果実からの抽出物を加水分解処理した後、蛋白分解物を加え、酵素による反応をさせた水溶性赤色素です。耐熱性は比較的優れますが、耐光性がやや不安定です。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
レッドKA(P)   赤色の粉末 30 水に溶けると鮮明な赤紫色を呈する 粉末 麺類、リキュール、飲料、菓子、乳飲料
0.05~0.2%添加
クチナシ色素

クチナシ醗酵系緑色色素

この色素は、クチナシ醗酵系青色色素と各種黄色色素の混合により調色した緑色色素で、クロロフィル系色素と比較して、耐光性、耐熱性、および耐酸性が大幅に優れており、pHによる色調の変化も少ない優れた水溶性色素です。下表に挙げた他にも、ご要望の色相で調色いたします。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
グリーンCX(B)   鮮明で黄味の緑色液体 12 中性域で安定 液体 清涼飲料水、冷菓、デザート、錠菓
0.05~0.2%添加
クチナシ色素
紅麹色素
グリーンAS(A)   鮮明な濃緑色液体 18 メロン色、耐酸性 液体 クチナシ色素
紅麹色素
紅花色素
グリーンEX(T)   鮮明な濃緑色の液体 15 鮮明な緑色 液体
グリーン2124   濃緑色の液体 12 中性域で安定 液体 紅花色素
スピルリナ色素
グリーンOD-B   暗緑色のペースト状液体 8 W/O乳化型、油脂に均一分散 油性 チョコレート、クリーム等
0.1~0.3%添加
クチナシ色素
紅花色素

クロロフィル系緑色色素

この色素は、栄養蔬菜として使用されている緑藻のクロレラより抽出された緑色色素です。主成分のクロロフィルは、本来水に溶けない油溶性色素ですが、本製品は乳化技術により水分散性を持たせてあります。酸性域においては、耐光性および耐熱性に劣るという欠点があります。茶ソバや蒲鉾のような、着色色素の再溶出を嫌う用途に好適です。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
グリーンGA   水分散性濃緑色液状品 24 中性~アルカリ性で色相安定 液体 茶ソバ、蒲鉾等
0.1~0.3%添加
着色料(葉緑素)

フラボノイド系ブラウン色色素

この色素は、柿の可食部やカカオ豆に含まれるポリフェノール類を抽出して得られた褐色の水溶性色素です。柿は秋の代表的な果実であり、カカオ豆は古くからチョコレート、ココアとして食用に用いられています。ポリフェノール類は色素の中では、特に優れた耐光性と耐熱性を有しています。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
ブラウンNo.2   黒褐色の粉末 125 タマリンド色素+柿色素 粉末 冷菓、キャンディー、ゼリー、健康食品等
0.1~0.2%添加
フラボノイド色素
ブラウンNo.4   水溶性の黒褐色粉末 100 カカオ豆、やや赤味 粉末 冷菓、キャンディー、ゼリー、糖衣菓子等
0.1~0.2%添加

メラニン系黒色色素

この色素は、コウイカ科モンゴウイカ等の墨袋の内容物より得られたものであり、主成分はユーメラニンです。
一般的性質は、耐熱性と耐光性に非常に優れ、金属イオンやタンパク質で変色せず、pHによる色調の変化も少ない優れた色素です。

品名 色調 外観・性状 色価 特徴 性状 用途・使用法 食品への表示例
アイカブラック   黒色の粉末 なし 水、アルコールに溶解せず 粉末 麺、パスタ、打錠品等
0.04~0.2%
イカスミ色素
ブラックTC-30   水分散性の黒色液体 なし 水、アルコールに容易に分散 液体 ガム、アイスクリーム、パスタ等
0.4~1.0%

注)画面上の色調の色は実際の色素の色とは若干異なる場合がありますので、ご了承ください。

お問い合わせ

製品に関するご質問、資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
東洋アドレ株式会社 L&H事業推進部
TEL : 03-3272-0902
FAX : 03-3272-0844
ウェブでのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ


更新日:2016年07月29日