変性オレフィン
ライオセン®
リオフレックス®

ライオセン®・リオフレックス®は当社独自の技術を生かした非塩素系変性オレフィン製品群です。

ポリプロピレンに官能基を導入することで金属やPETなど極性基材への密着性を向上させたポリプロピレンです。金属やPETとポリプロピレン系材料の接着力向上に寄与します。ライオセンは粉体、リオフレックスは分散体として提供可能です。

特長

接着性
  • 金属基材、ポリプロピレン系材料への接着力に優れる
耐熱性 耐熱接着性
  • 高融点のため耐熱性に優れ、高温での加工が可能
衛生性
  • FDA175.105に準拠

性状値

  ライオセン リオフレックス
外観 粉体 白濁液体
不揮発分 >98% 10%
酸価 8 8(固形換算)
融点 155℃ 155℃
溶融粘度(MFR) 
/ 粘度
70g/10分 1,500mPa·s
粒子径D50 400μm 20μm
粒子径D90 800μm 70μm

※上記値は代表値であり保証値ではありません

用途

  • 各種プライマー
  • 塗料添加剤
  • 接着剤
  • 改質剤
  • 食品接触用途

等 幅広い用途でご使用いただけます

使用例

接着剤

金属

ライオセン・リオフレックス

PP系材料

プライマー

インキ·塗料

ライオセン・リオフレックス

PP系材料

特長① 耐熱性·衛生性 融点と酸価の関係

  • 当社品は溶融粘度が高く、低添加量で接着機能を発現します。
  • 未反応物質、低分子量物質の残存が極めて少なく、低酸価でも各種基材との接着性が向上します。
  • また、高融点であることから耐熱性、耐熱接着、耐レトルト性を求められる用途に最適です。

特長② 接着性 塗膜物性データ

金属とPPシートを強力に接着させ各種試験後も接着力を保持します

接着力(N/20mm) エリクセン試験 耐寒性 耐沸騰水試験 耐熱性
常態 沸水浸漬後
52 48

◎=剥離無し

サンプル作製条件

接着剤
ライオセン添加鋼板用接着剤
基材
42002K用電気亜鉛メッキ板及びPP樹脂シート
ラミネート温度
200℃
標準膜厚
4μm
標準ラミネート
圧着
5Kg/cm2

評価条件

エリクセン
スクラッチ試験後エリクセン加工(6mm)
耐寒性
0℃1時間放置後で180°曲げ
耐沸騰水試験
沸騰水に3時間浸漬
耐熱性
120℃オーブンに1時間静置後

※JIS規格K6744に準じる

特長③ 接着性 他社品比較

評価方法

  • エリクセン
    ラミネート鋼板にカッターで中央に井型に切れ込みを入れ、鋼板側から7mmエリクセン加工する。
  • 沸水処理方法
    エリクセン加工品を100℃-2時間処理。
  • 剥離方法
    切れ込み部分からピンセットにて剥離。
接着剤 樹脂 エリクセン
常態 加工後沸水処理
  剥離   剥離
試作A ライオセン 5 5 5 5
試作B 他社品① 5 2 5 2
試作C 他社品② 5 1 5 1
試作D 他社品③ 5 1 5 1
試作E 他社品④ 5 5 5 3
接着剤
エポキシ系鋼板用接着剤(添加樹脂分20%)
構成
TPOシート//鋼板
塗工条件
方法:バーコーター塗工  NV:23%   塗布量:4.5g/m²dry
ラミ条件
板温:220℃ ラミネート圧:5Kg/cm²
評価基準
エリクセン:(優)5剥離なし⇔1全面剥離(劣)
剥離界面は何れもTPO/接着剤間。

お問い合わせ

トーヨーケム株式会社
包装・工業材営業本部 営業1部
TEL : 03-3272-0856