UV硬化型成形用ハードコート剤 リオデュラス® MOL7000シリーズ

製品の特長・強み

  • 成形性(伸び)・摩耗性を両立するハードコート剤です。
  • 成形後にUV照射が不要な一段硬化タイプです。
  • 自動車内装加飾フィルムにおいて、優れた耐薬品性を有します。
製品の特長・強み

製品カタログPDF: 663.2KB

製品の詳細データ

塗膜データ

評価方法 MOL7200 MOL7000 MOL7100
ヘイズ JIS K 7105 < 1.0% < 1.0% < 1.0%
全光線透過率 JIS K 7105 > 90% > 90% > 90%
耐擦傷性 スチールウール #0000
(200g/cm2,10往復)
ヘイズ変化率
< 1.0% < 3.0% < 5.0%
鉛筆硬度 JIS K 5600-5-4 F F F
伸度 140℃ 70~80% 100~120% 160~180%
耐薬品性
(日焼け止めクリーム)
60℃ - 4hrs 変化なし 変化なし 僅かな痕跡あり
80℃ - 4hrs 変化なし 僅かな痕跡あり 僅かに白化

上記データは当社による実測値であり、保証値ではありません。

評価用サンプル作製条件

基材 PCフィルム(鉛筆硬度のみ PC/PMMAフィルム)
塗工条件 バーコーター塗工
膜厚 5~6μm
乾燥条件 80°C, 1分
硬化条件 高圧水銀ランプ 80W/cm,積算光量 400mJ/cm2
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

お問い合わせ

トーヨーケム株式会社
エレクトロニクス営業本部
TEL : 03-3272-0905