天然材料

北海道から届ける天然の紅色・クマザサの力。

製品に関するお問い合わせ

日本では、古来より植物などの天然物から色素を取り出し、染物や食品などに使用されてきました。その代表的な植物としてキク科の植物である紅花があります。紅花は、エジプトが起源で、シルクロードを経由し、中国から3世紀末に日本に伝ったといわれています。山形では「最上紅花」のブランドで栽培、京都に運ばれ、高級な紅色として染色に使用されてきました。口紅の紅は紅花の色といわれています。
東洋アドレの北海道千歳工場では、紅花から赤色と黄色の色素を抽出しています。さらに、日本固有の植物であるクマザサを活用、長年の研究によりポリフェノール、オリゴ糖、多糖類等を効率的に抽出可能な独自製法を開発してきました。
今後も、日本の伝統・文化・風土を尊重し、食品、化粧品、染色用などの様々な分野に製品提供をおこなっていきます。

天然材料製品

お問い合わせ

東洋アドレ株式会社
L&H事業推進部
TEL : 03-3272-0902