業界トップクラスの熱特性を実現!低熱抵抗両面テープ

低熱抵抗両面テープとは

低熱抵抗両面テープとは、発熱部材と放熱部材を固定・接着し且つ効率的に熱を逃がすことができる材料です。

同用途では接着剤塗布やビス止めの工法もありますが、テープを使うことでより作業性良く接着することができます

当社の熱抵抗両面テープは市場品と比較して

トップクラスの低熱抵抗値を示し、

実装時に優れたパフォーマンスを発揮します。

また特殊芯材により絶縁性や伸縮性といった特長

併せ持ちます。

こんなお悩みないですか?

当社の低熱抵抗両面テープで解決できます!

特長・構成

当社の低熱抵抗両面テープの特長

同用途のテープにおいてトップクラス低熱抵抗値

総厚50μmと薄膜ながら十分な粘着力と加工性能

自社製特殊芯材で実現した優れた絶縁性と伸縮性

構成及び基本物性

被着体:アルミニウム板, 裏打ち材:アルミニウム箔

測定環境:23℃/50%RH, 剥離速度:300mm/min, 試験片: 20mm x 100mm

ヒートサイクル条件:340サイクル -35℃x30min → 85℃x30min

 熱抵抗値

既存品と比べて熱抵抗値の大幅カットを実現

より効率的に熱を伝えることができます

加工性

精密打ち抜き加工にも対応できる

優れた加工適性を有しています

図4.png

絶縁性

特殊自製芯材によりPET芯材に匹敵する破壊電圧を示し

十分な絶縁性能を有しています

図17.png

<試験条件>

・サンプル構成: 銅箔 / 両面テープ (20mm×20mm) / アルミ板 

・測定:鶴賀電機(株) TM650耐電圧試験器 DC 10kV/100sec

・測定環境:25℃50%RH 絶縁油中で測定

伸縮性

特殊自製芯材の伸縮性で曲面や可動部位にも追従

貼り付けが困難である箇所への適用も期待できます

低熱抵抗両面テープの用途

  •  放熱部材の固定
  •  精密加工部品の接着
  •  曲面や可動部品への接着  など

※本開発品については用途を限定するものではございません。

  また各種物性のカスタマイズも承っております。