強力ヒートシール接着剤

これまでになかった「接着機能付きフィルム」を可能に

強力ヒートシール接着剤とは

従来のヒートシール接着剤より耐熱性耐久性に優れ、過酷な環境下でも高い接着力を維持する加熱硬化型接着剤です。

ホットメルトや汎用ヒートシール材は、耐湿熱適正を考慮した設計にはなっていません。

一方、ご紹介する強力ヒートシール接着剤は、耐高熱タイプでは230℃の経過後もフィルムの伸縮を抑制します。

そのほか、高成型性高耐候性タイプといったラインナップがあり、過酷な環境においても、高い接着力を保持する強力なヒートシール接着剤です。

ヒートシール温度 耐熱性 成型性 耐候性
従来型ヒートシール
120℃~160℃
×
×
高耐熱・高成型タイプ
190℃
×
高耐久・高耐候タイプ
140℃~170℃
×

接着機能付きフィルムへの応用

強力ヒートシール接着剤をフィルムに塗工することで、貼り合わせ時に加熱して接着するフィルムを作成可能

⇒インラインでのフィルム接合が不要となり、オフラインでフィルム接着できるメリット!

接着機能付きフィルムによる工程のオフライン化

<従来>接着剤によるコーターでの貼り合わせ

⇒塗工後すぐに貼り合わせなければならない・・・

<新提案>ヒートシールフィルムによる、熱プレス工程での貼り合わせ

⇒必要な時に熱プレスにより貼り合わせが可能、工程のオフライン化!

高耐熱・高成型ヒートシール接着剤

金属とPETに高い接着力を発現し耐熱性や成型性に優れる

※使用条件:フィルムコート工程 ⇒ 接着工程(230℃/1min)、養生不要

基本物性
樹脂
ポリエステルウレタン
不揮発分
35%
溶剤系
トルエン/MEK/サクエチ
粘度
200mPas・s 55sec(ZC#3)at 25℃
耐湿熱性 塗工適正

125℃/30min

剥がれ・白化無し

150m/min.で塗工時も

シワやムラを抑制

ブロッキング性 金属接着性

4kg/㎠、40℃1w下で

ブロッキング無

初期・湿熱後

接着力40N/25mm

特徴

高温焼き付け、加熱殺菌にも耐えうる耐湿熱性
貼り合わせ後の加工が可能な高成型性
高速ラミネートに対応する優れたブロッキング性

使用例

フィルムラミネート缶用途

デザインの印刷されたフィルムを金属板にラミネートさせた後、缶に成型します

高耐久・高耐候ヒートシール接着剤

屋外で長期間使用される過酷な用途の複合フィルムに適応する高耐候性を実現

※塗工条件:小径グラビアコーター等 乾燥100℃/1min

 接着工程:(140℃~170℃/5~10min)

基本物性
樹脂
アクリル
不揮発分
30%
溶剤系
トルエン/MEK/サクエチ
粘度
35mPas・s ( 25℃)
耐湿熱性
塗工適正
85℃ 85% RH1000h後
接着力保持
S-Xe1000h後
ΔE<2
ブロッキング性
金属接着性
4kg/㎠、40℃1w下で
ブロッキング無
初期・湿熱後
接着力40N/25mm

特徴

屋外耐久用途としての、高耐久・耐候性
EVA封止材への高い接着性

使用例


太陽電池バックシート/封止剤、モジュール化接着用

140℃~170℃の熱板の上に5~10分程度放置し、封止剤を溶融させる。その後、大気圧でダイアフラムゴムを押し付けることで一体化させる。

資料請求・お問合せ

詳細資料とテスト用のサンプルをご用意しています

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。