食品接触可能な紙用水性コーティング剤
FILLHARMO フィルハーモ®

包装容器の脱プラ時代にベストチョイス  安全で美味しさを長持ちさせる包装ソリューションをご提案します

包装容器を取り巻く環境

♦脱プラスチックへの動き

1.COP(国連気候変動枠組み条約締約国会議)による温室効果ガス削減の推進
・2016年COP21パリ協定:温室効果ガス排出量削減目標を設定、日本は2013年比で2030年までに46%削減の目標(2021年4月22日報道より)
・2018年COP24:2020年パリ協定実施に向けて具体的な施策を決定

⇒グローバル企業だけでなく、
全ての国内企業にも対応が求められる

2.プラスチックごみの問題
 約80%は埋め立て、リサイクルはわずか9%、残りは海洋流出。また、プラスチック生産量全体の約36%が包装容器と言われている〔UNEP(国連環境計画)報告書〕

⇒プラスチックごみ削減に向けて
包装容器業界の対応に世界中が注目

♦日本及び世界の化学物質規制

1.厚生労働省食品包装用器具・包装容器のポジティブリスト制度開始
  ※令和2年4月28日公布

⇒食品の包装用器具・容器の安全性が
従来より求められる時代になる

2.米国でのフッ素化合物の規制
 アメリカ環境保護庁(EPA)は飲料水中のパーフルオロオクタン酸(PFOA)とパーフルオロオクタンスルホン酸塩(PFOS)の規制を含む規制決定案を公表した

⇒世界的にフッ素に対する規制が厳しくなっている

FILLHARMO®の特長

♦紙包装化の課題

食品の油や水分が染み出て手が汚れてしまう・・・
食品に直接触れるから食品衛生法遵守など、安全性が心配・・・
紙だから熱融着加工ができないのでは・・・

♦FILLHARMO🄬の特長

1.紙にコーティングすることで耐油性・耐水性が向上します
  ※ヒートシール(熱融着)性を有する製品もラインアップ

2.ポリエチレンラミネートと比較し、プラスチックの削減ができます

3.厚生労働省食品用器具・容器包装のポジティブリストに
  収載されている安全な材料だけでつくられています

4.フッ素系材料不使用で安全性が高い非危険物の水性コーティング剤になります

5.適度な通気性で蒸れを防ぎ、食品の”できたて感”を保ちます

                

包装容器のトレンド

  

製品ラインナップ

FILLHARMO🄬
NS
FILLHARMO🄬
GS
組成 アクリル スチレン・アクリル
耐油・耐水性
ヒートシール性
FDA §176.170
§176.340
§176.170
§176.340
特長 ヒートシール性 耐油・耐水性